利益確定と損切は非常にシビアな話になるよね

利益確定と損切り

株式投資の世界において利益確定と損切りは難しい話になります。

なぜならどれだけで損を確定させるのか、利益をどれだけにするのかは決定的な法則がありません。

投資を行っている人の数だけ存在すると言えるでしょう。 では何の目安もなく行うしかないのでしょうか。

ある人の場合、エントリーから何%利益が出たら利確、何%損を含んだら損切りと決めているそうです。

この考えはFXやCFDと同じですね。 現物取引である株式投資は、たとえ含み損となってもそれで負けたわけではありません。 ずっと保持していれば、いずれ回復してくる可能性が無いとは言えないのです。 ですが、FXでは含み損が膨らむと、それを維持するための証拠金がどんどん大きくなっていきます。

特にレバレッジがかかっていると、その倍率に応じて証拠金が莫大になっていきます。 株はいくら含み損が大きくなったとしても、買値以上に損失が出ることはないのです。ですが、デイトレーダーにとっては含み損は損失以外の何物でもありません。

それを抱えていると資金を次の投資につぎ込むことが出来ないのです。 ですから短期で見切り、早めに利益確定と損切りを行います。

さっさと切り替えて次のトレードで利益を出していこうとするのがデイトレーダーの考え方ですね。

つまり株式投資を行うにしても、自分の投資スタンスが何なのか、その目的がはっきりと定まっていない場合は利益をだすどころか、損失だけを抱えて身動きが取れなくなる可能性があります。

ここを間違えないようにしなくてはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>