これから上がる株は「化けそうな銘柄」を予想して選ぶ!

上がる株

大化け株というのは、いろんな形があります。純粋に10倍になるような株を意味するケースもありますし、上場時に最高値をつけた上場ゴール株を意味することもあります。

大事なのは、株価は上下を繰り返すものなので、その時に大化け株だったものというのが多いです。

それ以外の時に買ってしまえば、大化け株の意味はなかったりします。

たいていの株というのは、大型優良株であれば5年間とか10年間で株価が上がっていることがあります。

優良銘柄を狙うなら、大化けしそうなものを選ぶ!

ただ、こういったものは大化け株とは言いません。大化け株を意味するのは、短期間でも株価が急激に上がったものを言うわけですね。

出典:大化け株の予想情報

もちろん、その後に暴落するものも指したりします。

こういった急騰株になりそうなものは、まず小型株であるケースが多いです。時価総額が少なめだったりして、初心者でも買いやすい株価だったりします。

もちろん、機関投資家にとっても買いやすいものだったりします。

機関投資家等によって断続的に買いが入ることによって大化け株になるケースが多いわけです。個人投資家の意味はあまりなかったりします。

個人の力ではどうにもならず、大きな力で株価がコントロールされるものを大化け株と言ったりするという意味です。

しかし、機関投資家たちの思惑も読んで、個人投資家が大化け株で儲けることができる可能性はあるという話です。

あと、上場するときにもっとも株価が高い上場ゴール株というのは、IPOに申し込んで当たる必要があります。

IPOは不平等な抽選でもあるので、個人が当選するには工夫が必要です。家族名義で応募して個数を増やしたり、複数の証券会社から申し込んだりと手間もかかります。

そして、最終的にそういった株を手にするのは、努力というよりは運が大きく関わっているといえます。

値動きを予測して株の銘柄は選ぶのだ

株の銘柄

株式の取引を行っていると、いろいろな銘柄を選ぶことになります。 その中でも自分が利用しやすい銘柄と、そうではないものがはっきりとしてきます。

相性の良い銘柄とは、その値動きによって利益をとりやすい、値動きが自分にとって分かりやすいものが出てきます。 逆に相性の悪い銘柄と言うのもあります。こんな➡今後株価が上がるお勧め銘柄を教えてくれる無料メルマガとかをチェックして注文しても良いですね。

相性が悪いとどうなるかと言うと、高値でつかんでしまったり、売り時を逃してしまうような銘柄ですね。

簡単にいうと、値動きを予測しやすいか否かと言うことです。 株式の値動きと言うのは銘柄ごとに特徴があり、それが醍醐味にもなりますが、当然予測しやすいところは人気が出ますし、複雑な動きをする銘柄は警戒されます。

株式の値動きは、チャート分析とファンダメンタルズによって予測を行うものです。 その値動きの分析方法によって分かりやすいかどうかは、分析方法との相性とも言えるのです。

取引を行う人はそれぞれ株価の分析方法を持っていますので、その分析法との相性が良いか悪いかがありますね。

ほかの投資でも同じですが、利益をとれるというのは安値でつかみ、高値で売るタイミングをしっかりと把握できることです。

銘柄によって性質が違うため、すべてを同じ分析方法で計ることが出来ません。 市場全体の値動きを見るのであれば別ですが、個別の値動きを考えるにあたり、それぞれの個性に合わせた分析を行うようにしなくてはいけません。

でもどの銘柄が自分に合ってるのかわからないと言う場合は、過去データからバックテストを行ってみるとよいでしょう。

日経平均株価の為替への影響

日経平均株価

日経平均株価と為替の関係については一定の相関関係があると言われています。 それは本当なのでしょうか。

実は2005年度を境にそれまでは為替と株価にはあまり相関関係はありませんでした。 それは国内の企業の営業性質に大きな変化があったためです。

まず、日本は一般的に貿易で利益を出す国だと学校で教わった人も多いでしょう。

資源のない国である日本は、原材料を輸入してそれを加工し、高付加価値をつけて海外へ輸出する貿易立国だと習った人も多いはずです。

ですが日本のGDPを見てみると、その6割以上は国内で賄われています。

つまり、日本は貿易立国ではなくれっきとした内需主導型の国なのです。

内需が大きいと、株価や景気は海外に影響をうけません。為替の変動があってもそれらの影響を受けずにいられます。

だから2005年度よりも前の日経平均株価は為替とはあまり関連性が無かったのです。 しかし最近は為替と見事に連動してるようです。 これは海外で営業利益を出す企業が増えたためです。 国外へ工場を移転したり、海外市場でものを販売してる企業の割合が平均株価の中に取り込まれているのです。

そのような企業の売り上げは、円ベースで換算する場合に為替で大きく変わります。 円高ほど利益は増えますし、円安になれば業績は下がる傾向になります。

ですから、一つの企業だけを見るわけではありませんが、株価は為替の動向で変化すると言えるのです。

逆にいうと、日経平均株価を見ることで、ドル円の方向性も判断できると言えますね。

利益確定と損切は非常にシビアな話になるよね

利益確定と損切り

株式投資の世界において利益確定と損切りは難しい話になります。

なぜならどれだけで損を確定させるのか、利益をどれだけにするのかは決定的な法則がありません。

投資を行っている人の数だけ存在すると言えるでしょう。 では何の目安もなく行うしかないのでしょうか。

ある人の場合、エントリーから何%利益が出たら利確、何%損を含んだら損切りと決めているそうです。

この考えはFXやCFDと同じですね。 現物取引である株式投資は、たとえ含み損となってもそれで負けたわけではありません。 ずっと保持していれば、いずれ回復してくる可能性が無いとは言えないのです。 ですが、FXでは含み損が膨らむと、それを維持するための証拠金がどんどん大きくなっていきます。

特にレバレッジがかかっていると、その倍率に応じて証拠金が莫大になっていきます。 株はいくら含み損が大きくなったとしても、買値以上に損失が出ることはないのです。ですが、デイトレーダーにとっては含み損は損失以外の何物でもありません。

それを抱えていると資金を次の投資につぎ込むことが出来ないのです。 ですから短期で見切り、早めに利益確定と損切りを行います。

さっさと切り替えて次のトレードで利益を出していこうとするのがデイトレーダーの考え方ですね。

つまり株式投資を行うにしても、自分の投資スタンスが何なのか、その目的がはっきりと定まっていない場合は利益をだすどころか、損失だけを抱えて身動きが取れなくなる可能性があります。

ここを間違えないようにしなくてはいけません。

賭け事と一緒にされがちなバイナリーオプション

賭け事とバイナリー

よく、投資と賭け事は同一視されることがあります。それは、どちらも予測が難しからなのかもしれません。特にバイナリーオプションは尚更ですね。

競馬などで勝ち続けることが難しいのは、誰にでも分かることでしょう。

バイナリーオプションも、単純なルールだからこそ、逆にギャンブルと言われる所以ですね。

ハイローなどでは、相場の読みができなくても、上がるか下がるのか、どちらかに賭ければ良いのですから。こういう⇒バイナリーオプション取引業者 信頼できる会社で注文をされる事がイチオシです。

ここでは単に為替相場などのテクニカル分析などを行わない場合にどのような手法が通用するのかを説明します。

カジノと比べてみると良いでしょう。昔からカジノ攻略法はいろいろと研究されてきました。その中で賭け方のことをベッティングシステムと言います。

どのように賭ければ勝率が上がるのか、利益を得ることができるのかを追求した手法です。 最初に結果だけを言えば、必ず勝てる方法がありません。 ですが、勝てそうに思える方法はあります。

有名な方法はマーチンゲール法です。FXでも、この方法なら勝てると宣伝された商材がありました。EAなどでもいまだにこれを採用してるものがあります。

これは一回の賭けに負けた場合、次に賭けるときに掛け金を二倍にしていく方法です。 勝てばそれまでの負けを一度に取り返せますが、勝てるとは限りません。この方法で勝つためには無限の資金が必要です。

ほかにもパーレイ法、10ユニット法がありますが、結局はどれもバイナリーオプションで勝てる方法とは言えないようです。

リターン率を考えて自分に適した投資方法を選出

自分に合った投資

投資で難しいのは損失を小さくすることと利益を大きくすることです。最初は難しいかもしれませんが、慣れてくれば損失を最小限に抑えることは難しく無くなります。

株式はどんなに価格が下がってもマイナスになる事が無いので、ずっと持ち続けると言う戦略が有効ですし、FXでは、損失が拡大しそうになれば自分でエグジット出来ます。

最初から設定した所で切る練習をすれば、自動的に切ることが出来るようになります。 問題は利益確定ですね。

これは大変難しい作業です。損失は目で見えますが、利益は見えません。

今、損失が発生していると言うのはその場で分かります。その数値が大きくなったら自動的に切るわけです。

ですが、現在利益が出ているとして、それがどの位まで大きくなるのかは誰にも分からないのです。

こちらも一定の数値に届けば切れますが、そこまで行かずに反転してしまうこともあります。

ですので、投資では利益を伸ばすことが一番難しいと言われるのです。

バイナリーオプションでは利益は最初から決定しています。投資した金額にペイアウト率をかけた数値がリターンするのです。リターン率とも言われていますね。

損失は投入した資金だけですので、こちらも最初から分かっています。

投資ではいろんな作業がありますが、資金管理がもっとも大事です。

損失を限定し、利益を伸ばすことが資金管理ですが、バイナリーオプションは資金管理がとても行いやすい投資と言えるでしょう。

このリターン率は業者やルールによって変わります。